一般財団法人 茨城県メディカルセンター

Loading

「骨粗しょう症検査」の内容が変わります

「全身X線骨密度測定装置」の導入により、平成29年9月1日から「骨粗しょう症検査」の内容が変わります。これまで腕のとう骨(前腕骨)を測定しておりましたが、新骨密度測定装置の導入により、腰部(腰椎・大腿骨)の骨と軟組織(脂肪・筋肉)を分離し、より正確な骨量測定ができるようになりました。

とくに閉経後の女性は、ホルモンの関係で骨量が減りやすいため、検査をお勧めしています。男性も高齢になるにつれ、骨粗しょう症になるリスクが増しますので、気になる方に検査をお勧めします。ぜひご利用ください。

 

  料金(税抜) 測定部位
平成29年9月 1日から 4,500円 腰部(腰椎・大腿骨)
平成29年8月31日まで 2,000円 腕のとう骨(前腕骨)

 

 

写真提供:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

 

 

 

2017年07月31日