一般財団法人 茨城県メディカルセンター

Loading

ストレスチェック

労働安全衛生法の改正(平成26年法律第82号)により、労働者の定期的なストレスチェックを義務づける制度が創設されました。(労働者50名未満の事業場は努力義務)

定期的に労働者のストレス状況について調査を行い、労働者個人がストレスチェック状況への気づきを促すとともに、事業場が組織的に職場環境の改善につなげることで、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防ぐ一次予防を目的にしております。

 

1 運用開始

平成28年4月1日(金)から

 

2 利用料金

<ストレスチェック利用料金> (税別)

 

受検者

備考

50名未満

50名以上

検査料金

一律50,000円

1,000円/名

検査料金には以下が含まれます

  1. 全体の集団分析
  2. 労基署報告に必要な集計
  3. 未受検者の受診勧奨一覧

集団分析

3,000円/単位

全体の集団分析以外に希望がある場合

 

3 実施方法及び留意点

(1)御社での選任事項

ア. 実施者

御社の産業医は実施者(実施代表者または共同実施者)としてお願いいたします。

なお、当センターも実施者(共同実施者または実施代表者)として加わります。

① ストレスチェックについては、当センターで承ります。

② 実施方法や判定等に関して相談できる体制整備を図るため、御社産業医の先生は実施者として加わっていただきます。
なお、御社産業医の先生が実施者に加わっていただけない場合は、ストレスチェックのご依頼をお承り出来ませんのでご了承下さい。

 

イ. 実施事務従事者

事業場内には、必ず実施事務従事者の選任をお願いします。
実施事務従事者は、人事権を有さない方であれば、特に資格は不要です。

① 実施事務従事者には、当センターとの連携窓口を担当していただき、用紙の配布、回収等のご協力をお願い致します。

② 事業場内に実施事務従事者を選任いただけない場合は、ストレスチェックの依頼をお承り出来ませんのでご了承下さい。

 

(2)実施方法

■ 使用調査票及び結果票

職業性ストレス簡易調査票(標準的57項目)を使用

結果等その他書式については現在作成中
(問診項目の漏れ等は、事業場実施事務従事者が確認願います)

 

■ 評価方法

「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル(平成27年5月 厚生労働省)で示された「心身のストレス反応」に着目する評価基準に準拠

 

■ 結果通知

◇ストレスチェックは、受検後、速やかに御社の実施事務従事者あてに一括発送しますので、実施事務従事者から受検者にお配り下さい。
(個人結果は、個人別に封書による措置を講じて発送します。)

◇集団分析結果は、実施事務従事者あてに発送します。

 

■ 集団分析

「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル
(平成27年5月 厚生労働省)で示された「仕事のストレス判定図」に準拠

 

■ 対象集団

調査票を作成した事業場全員の集団分析(検査料金に含む)

その他、オプションとして以下の区分集計が可能です。(1件につき3,000円)

  1. 所属別集計
  2. 支社・支所別集計
  3. その他

※集計は、原則10名以上のグループでの集計となります。

現在システムを構築中のため、詳細は下記担当者にお問い合わせ下さい。

当センター設定以外の集計区分は、お引き受けすることができません。

 

■ 未受検者への受検勧奨方法

◇受検終了から2週間後に、未受検者のリストを実施事務従事者に報告いたします。

◇実施事務従事者は、未受検者リストを基に未受検者に対し受検勧奨を実施していただきます。

 

■ 面接指導

面接指導の実施に向けて体制整備を進めている段階でありますので、面接指導体制が整い次第、実施いたします。

今後の準備段階において、実施方法または条件等に追加・変更が発生する場合があります。

 

※ 本件に関するお問い合わせ、ご不明な点につきましては、お手数でも下記までご連絡くださいますようお願いします。

 

予約

電話・FAX・メールまたは直接窓口でお申し込みください。
健診普及部業務調整課
TEL 029-243-1113 FAX 029-243-1763
E-mail:chousei@imc.or.jp

データ管理

法令に基づき5年間保管します。